お墓の形、いろいろ

「○○家先祖代々の墓」とか「○○家の墓」と呼ばれているものを「家墓」というそうです。 親、子、孫と家族の遺骨を埋葬しているお墓です。 一人で入るお墓を個人墓というそうです。夫婦で入るお墓を夫婦墓というそうです。 時代劇を見ていると、墓石には人の名前が書いてありますが、江戸時代は個人墓が多かったそうです。 家墓が主流になったのは明治時代からだそうです。お寺に登録したりするようになったからでしょうか。菩提寺というのもこの頃からのようです。

三代、一〇〇年は続くというような継承の仕方だったようですが、今はそういう風に考える人も減ったそうです。 夫婦の場合、一人っ子同士の夫婦という人たちもいるかと思います。 夫婦それぞれがお墓を受け継いだりすると、負担は倍になってしまうことになって大変だと思います。 そうした人たちは、両家墓といって両方の親を祀る方法もあるそうです。 合同墓というのは、血縁の無い人たちと一緒に遺骨を納めるお墓のことをいいます。 共同墓、合葬墓、合祀墓と言ったりするそうです。 都立霊園では、合葬埋蔵施設と呼んでいるそうです。 合同墓は骨壷のまま納めて一定の期間を過ぎると他の遺骨と一緒に合葬する形と、最初から骨壷から遺骨を取り出して他の遺骨と一緒に合葬する形もあるそうです。 最近は納骨堂というのも増えました。 納骨堂は遺骨を収蔵する施設のことを言うそうです。

遺骨は土に埋めないということになります。 法律的には墓地と同じ扱いになるそうです。 納骨堂を開設するのは、都道府県知事の許可が必要だそうです。 経営しているところも、自治体や民営、寺院の運営になるそうです。 使用料は一年、三年など、収蔵期間に期限があるそうです。 年間利用料や維持費と呼ぶこともあるそうです。

紹介のサイト: 墓地/新規 | 墓地や霊園、納骨堂なら神奈川県川崎市にある高級公園墓地の春秋苑