永代供養の利用

永大供養のお墓を一体どのような人が使っているのかということを気にする人は多いかもしれませんが、最も一般的な理由として挙げられるのは子供がいないからということではないでしょうか。全く身の周りに血の繋がったお墓を管理することができる人がいないという場合には、永大供養のセットが組み込まれたお墓がおすすめだと言えるでしょう。他にも子供はいるが、絶縁状態にあるなどという風に特別な理由があって子供と連絡を絶ってしまっている場合などには、おすすめのお墓であるということは間違いないと言えるでしょう。また様々な宗教家社会的な考え方の違いによって親と同じ墓に入りたくないという風に考えている人は増加傾向にあるという風に言えるかもしれません。そのような場合でもお互いの墓を個人の墓として建てて、永代供養を管理者に頼むことで死後も関わりを断つことができるというのはそのような願望がある人にとってみればメリットとして捉えられるのではないでしょうか。また、子供がいるけれども、子供自身が結婚していないため子供の代でお墓の管理が途絶えてしまう可能性があるという風に不安視している親にとってみれば、このような永代供養付きの墓を先に買っておくということは子供のためにものためにもなるし、将来のためにもなるということは言えるかもしれませんね。また、個人的な理由で家族と同じお墓に入りたくないという風に考えている人もいるかもしれません。そのような場合には、家族となるべく離れたお墓に入りたいと考えるのが普通でしょうし、そのような際に本人ができる最も最善策として考えられるのがやはりお墓を別々にするということではないでしょうか。

永代供養

永代供養墓とは何なのかということを知らない人は多いかもしれませんが、知っておくと自分自身のライフプランを形成する上でも、重要で役立つものであるというふうに考えられるでしょう。現代では、結婚しなくても幸せになれるというようなキャッチフレーズが流行るほど、むしろ結婚は重要視されておらず、生涯を通して独り身で過ごすという人も多くなってきました。そのような人になると、お墓を継承する人がいなくなってしまうというふうに考えられていますが、夫婦となって子供がいる場合であっても、子供が親の墓の世話をしたくないという風に思うケースは少なくないという風に言えるかもしれません。当然、親の視点からしても、子供に墓の掃除やメンテナンスなどの苦労をかけることは、なるべくしたくないという風に考えるのは親心であれば、当然のことであるかもしれませんそのような中で、最近登場したのが、永代供養お墓と呼ばれるもので、契約をすることで墓地の土地の管理や掃除供養や遺骨の管理などの様々に至るまで代理人がそれらを行うというシステムで、仕事に忙しい子供などが親の苦労をする際などに使う人が増えているという風にも聞いたことがあるような気がします。そのような意味では、現代の生活などにピッタリとマッチした形式であるということは間違いないという風に言えるかもしれません。一般的なお墓というものは、当然ながらそのお墓を継承する人を墓地の所有者などに紹介しなければ、お墓を建てることはできないものでありますが、永代供養お墓場合ですと、ほとんどそのような制限はなく、自由にお墓を縦で管理してもらうことができるため大変便利なものであるというふうに考えて良いのではないでしょうか。

墓石はどうするか

民営の墓地の場合、墓石を立てるときに指定された石材店しか使えないところが多いようです。 見学の際に、何件か紹介されたとしても利用できる石材店を指定される場合もあるそうです。 石材店が指定されていることに気が付かずトラブルになることもあるそうです。 また、石材店の中に依頼したい会社があるかどうかも調べた方が良いそうです。 逆に、石材店が決まっているならば、そこから霊園を紹介してもらうということもできるそうです。 永代使用権の承継の範囲はどうなのかを知る必要があるそうです。 親子しかダメというところもあるそうです。 けれど結婚した娘の夫に継いでもらいたいという人もいますし、孫に継いで欲しいという人もいるかと思います。 また弟についで欲しいという人もいるかもしれません。 継いで欲しい人が実際に継いでくれるかどうかの確認も必要ですし、墓地がどこまでの範囲で継承者を認めているかを調べる必要があるようです。 不動産を契約するのと同じように、契約書を注意深く読む必要があるようです。 墓石の形はいろいろありますが、墓地によっては形が決められているところもあるようです。 民間の墓地の中には、好きな形の墓石にすることができるところもあるそうです。 競馬が好きな人は馬をモチーフにしたり、帽子が好きだったら帽子の形の墓石など、個人の好みを反映させることもできると思います。 芸能人のお墓のように派手なものだと、お墓参りするファンも楽しそうですね。 墓石の種類も選ぶことができるそうです。 庵治石や大島石、御影石と石にもいろいろな種類があるようです。 霊園などの見学会の時に墓石の形も見ておくといいと思います。 予算によって変わってくるかと思いますが、納得のいくものにしたいものですね。

祭祀継承者は祭祀も受け継ぐ?

祭祀財産を受け継いだ人は法事などもやらなければならないかというとそうではないそうです。 法事をするにしても、その分の財産を分けてもらうわけでもないそうです。 年齢的なこともあって、親の法事を33回忌までやるということも難しいという人もいます。 お墓を引き継ぐと檀家になれば、檀家としての仕事やお布施を出さないといけなかったり、霊園でも管理費が必要となってきます。 法事をするにしても他の兄弟と話し合って費用負担をしてもらってもいいと思います。 お墓を継いで欲しいという気持ちがあるならば、他の子どもよりも多めに遺産を残すとか、生前贈与をしておくとか、それなりの方法を取る人もいるそうです。 お墓を継承すると決まったら、菩提寺への挨拶をしなくてはいけないそうです。 49日の法要や納骨をする時期も決めなければならないからです。 墓地の使用者が変わるということで契約書を交わすお寺もあるそうです。 どんな手続をするかはお寺によって違うそうなので確認するようにしてください。 年間使用料に関しても、金額、支払い方法、支払期限などを聞いておくようにするといいそうです。 法要は、故人の冥福を祈るためのものです。 菩提寺に出向いて行うことが多いですが、自宅に住職を招いて行う場合もあります。 一周忌には遺族だけではなく故人の友人、知人を招いて行ったりします。 最近は、一周忌は遺族だけという家庭も増えているそうです。 三回忌以降は、僧侶を呼んだりせずに親族だけで食事会をしたりすることが多いそうです。 こうして弔い上げの33回忌(または50回忌)まで、喪主が主催するそうです。 お墓の承継者と喪主が違っていてもいいそうです。 故人の供養ですから、心のこもったものにしたいと思います。