中陰中の振る舞い

逝去から四十九日までは中陰と呼ばれる期間に当たり、遺族は死者の魂をあの世に送り出すために応援するのが慣わしです。しかしこうした風習も徐々に薄れつつあり、今では初七日から続く法要が簡素化されています。信心深いお寺では7日ごとの法要の全てを執り行うお坊さんもいますが、その度に関係者を集めるのは現実的ではありません。ですから大半の遺族は葬儀の中で初七日を済ませてしまい、四十九日までは何もしません。ちなみに初七日は火葬直後に行わなければならないという決まりはありません。喪主、遺族の手が空いた時に行えばよいのです。火葬中に行ってしまうこともありますし、後日行うこともあります。費用も様々で、参列者が多い時は葬儀業者の力を借りなければならず、それなりの出費になります。お坊さんの読経も依頼しますから、事前に予算を組んでおくことが大切です。さて、大抵の人は初七日を終えると脱力してしまいますが、葬儀のプログラムには欠かせない精進落としがその後に続きます。精進落としとは、葬儀に足を運んでくれた親族に対して改めてお礼を述べる席を指します。精進落としの席では故人を偲ぶこともありますが、告別式ほど暗い雰囲気ではないことがほとんどです。本来は四十九日を過ぎたタイミングで行われる儀式ですから、故人に対する失礼をあまり気にせず、談笑することも出来ます。基本的なスタイルは、喪主が親族に食事を提供する形です。ですから出費がかさむことになりますが、精進落としも葬儀のプログラムの一環として、事前に予算を組みます。規模はケースごとに異なりますが、喪主の挨拶は避けられないと考えます。告別式のように緊張を強いられる環境でもありませんから、それほど大きな負担ではないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です