樹木葬の実際

最近は色々なお墓が広まりつつあるため、初めて聞く埋葬形態に驚かれる方もいらっしゃることでしょう。例えば樹木葬などは珍しい埋葬ではないでしょうか。自然葬の一種であり、通常のお墓のように墓地に専用区画を作って埋葬します。墓石の代わりに樹木を用いる点が変わっていますが、遺骨の埋葬の仕方は墓石のそれと同じです。樹木を植えるだけでよいため、自宅の庭で樹木葬を実現したいと考える人も多いのですが、法的には遺骨の埋葬行為であることに変わりはなく、好き勝手に埋めることが出来ません。樹木葬も墓地で行う他ないのです。因みに樹木葬の歴史は浅く、日本で最初に行われたのは1999年の東北だと言われています。その時、林の中で埋葬したことが注目を浴び、瞬く間に全国に広がったと考えられています。繰り返しになりますが、樹木葬は墓石よりも手軽に行えるイメージが先行しているものの、法的には埋葬行為です。ですから埋蔵許可証等の取得は必要になります。手続きに特別な配慮は必要ありません。本人が生前に申し込んでも構いませんし、故人の親族が申し込んでもよいのです。樹木葬の埋葬形態は、一般的なお墓のように様々です。個人墓もあれば合葬もあります。合葬の場合でも樹木は一本であり、その点を許容できる人でなければ選択すべきではないでしょう。まだまだ広まって日の浅い樹木葬ですが、情報社会の現代にあっては全国的に知られるようになっています。しかし樹木葬を許可している墓地はまだ少ないのが現状で、その中で比較検討しなければなりません。それさえ面倒だと感じる人は、一先ず自宅で供養するのも悪くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です