お墓の使用権と契約書

お墓は購入して使用するわけですが、厳密には所有権は墓地の運営会社にあるため、レンタルすることになります。そうなると、契約更新の手続きが必要になるのか気になるところです。実は永代使用権という権利が発生すると、更新の必要性がありません。管理料さえ払い続ければ、途中で手続する必要は一切ないのです。当然ながら追加料金も掛かりません。但し公営墓地の中には運営方針が特殊な所もあるため、契約更新が実施されることもあります。更新型の使用権契約では、更新しなければ合葬になるのが一般的です。更新型のメリットは、継承者との連絡が途絶えても、勝手に合葬したり処分したりすることが出来る点です。

最近は無縁墓が増えていますから、この更新型使用権の墓が増えていくだろうと思われます。また、継承者が変わって名義が変更される場合は、その手数料が発生します。管理料は基本的に値上げされませんが、やむを得ない事情で上がる場合は、十分に説明されます。上げ幅もその説明に則ったレベルに落ち着くはずです。さて、お墓を管理する立場になると、具体的にどう行動すればよいのかが分からない人もいるでしょう。特に若い人にとって、お墓に纏わる文化は難しいと感じるのも無理はありません。ここでは簡単に管理方法について説明したいと思います。

何をおいても一番大切なのは、お墓参りと墓石周辺の掃除です。これさえ欠かさなければ問題ありません。お墓参りの作法についてはある程度学ぶ必要がありますが、難しいものではありませんから、すぐに習得できるはずです。掃除は共有部分ではなく、自分のお墓のみを対象とします。共有部分は運営会社が普段から清掃していますから、継承者が行っても無駄になってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です