檀家とは何か

日本でお墓を継承する場合、檀家に所属するのか否かを決断しなければなりません。日本のお墓の多くは寺院が管理しているため、檀家になれば、葬祭の仕切りをその寺院に任せることが出来ます。その代り、「お布施」と呼ばれる礼金を支払わなければなりません。また檀家同士の付き合いも発生します。お布施は運営会社に支払う管理料とは異なり、別途支払うものです。管理料は相場があり、数千円前後と考えて良いでしょう。

墓地の面積が大きかったり、手入れが行き届いていたりする霊園では、数万円に上ることもあります。ところで、公営墓地であっても檀家になる必要はあるのでしょうか。実はそれは菩提寺の有無によるのです。菩提寺があれば、檀家として行動する必要があります。管理料ばかりかお布施まで負担するとなると、お墓の継承を躊躇う人もいるでしょうが、長期的な視点に立つと、むしろお墓参りの方がはるかに負担になります。最近はお墓から離れたところで暮らす檀家も多く、その場合は交通費、宿泊費まで負担してお墓参りすることになります。

もちろん運営会社にオプション料金を支払って代行してもらうことも可能ですが、それを続けると継承者としての役割を果たせなくなり、無縁墓になってしまう可能性もあります。自分の子孫にも受け継いでほしいと考えているのであれば、自ら管理する覚悟を持つ必要があるでしょう。継承者によっては年忌法要等を催す頻度を調節し、無理のない管理を実現することもあります。年忌法要は義務ではありませんから、執り行うタイミングを継承者が決めることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です