日本のお墓の欠点

日本のお墓と海外のそれとを比較した時、長所と短所が浮かび上がるのは当然です。日本人としては特に短所が気になるところですが、外国人はどのように捉えているのでしょうか。例えばお墓参りの適切なタイミングとして盆、彼岸といった概念が存在する点は、面倒だと感じるかもしれません。海外では命日はあるものの、基本的には親族や友人が好きな時に墓を訪れます。誕生日やクリスマス休暇を利用して訪れることもあるくらいですから、お盆に一斉に墓地に向かう日本人を見て奇異に感じるのは無理のないことです。もちろん海外にも日本のお盆のような概念が存在するところもあるため、そのような国では多少は理解してもらえるかもしれません。例えば中国では清明節、イタリアではジョルノ・ディ・モルティがあります。他にも、日本人が霊園でお花見をしたりする行為は、外国人の目には死をタブー視していないように映る可能性があります。日本人も決して墓地に近付きたいと思っているわけではないのですが、海外と比較すると無頓着な人が多いのかもしれません。また、永代使用という文化も日本に特有のものであるため、個人ごとにお墓を作るのが当たり前である外国人にとって、理解に苦しむ文化でしょう。では彼ら外国人が日本で亡くなった時、どのような埋葬方法が採られるのでしょうか。実は外国人墓地という特別な墓地が存在し、海外出身の留学生や観光客がそこで埋葬されています。外国人墓地の歴史は長く、古くは17世紀の長崎に存在したことが確認されています。当時は長崎が日本の玄関でしたから、そこに中国人やオランダ人の墓が作られたのです。時代が下ると外国人墓地の整備はさらに進められ、19世紀にはペリーが外国人墓地を幕府に要求しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です