永代供養という選択

承継墓を継承したとしても自信が死んで以降、供養をしてくれる子孫がいないといった場合や、近年では海外進出なども比較的容易にできる世の中になっているため、遺族が故郷から遠く離れてしまったため、お墓参りをすること自体が難しくなっているというのが問題としてささやかれているようです。このような場合には、墓地の管理者に「永代供養料」というものを支払い、墓の管理をしてもらうとともに、供養を委託するといった方法が見られているようです。一見すると便利に感じるこのサービスですが、利用に際しては、期限が設けられているということを理解しておかなければならないのではないでしょうか。一般的に「承継墓」というのは、最も一般的な家墓と、両家墓という2種類に分類されるのではないでしょうか。家墓というのは、子孫が代々継承してきたお墓のことを指しており、墓石にはその家の家名が彫られていることがほとんどでしょう。両家墓というのは、一人っ子同士の結婚という条件のときに建てる墓とされています。継承していくスタイルではないお墓としては、永代供養墓として、夫婦で入る夫婦墓や、友人間土で入る友人墓というのもあるようです。また、近年、核家族や単身者の増加により、故人が1人だけ入る個人墓というのも増えてきているようです。こういったお墓に関しては、きちんとした永代供養対策が必要と言えるでしょう。また、家や個人での単位にこだわらない、合葬墓というのもあるようです。カロートを共有し、地上部に共同の墓や記念碑、仏像などを建てるカロート共同墓タイプや、墓所を共有し、各々小さな墓石を建てるミニ墓集合タイプなど、お墓も進化してきていると言えるでしょう。公園墓地、霊園、納骨堂など、自身のライフスタイルにぴったりのお墓を選べると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です