墓石はどうするか

民営の墓地の場合、墓石を立てるときに指定された石材店しか使えないところが多いようです。 見学の際に、何件か紹介されたとしても利用できる石材店を指定される場合もあるそうです。 石材店が指定されていることに気が付かずトラブルになることもあるそうです。 また、石材店の中に依頼したい会社があるかどうかも調べた方が良いそうです。 逆に、石材店が決まっているならば、そこから霊園を紹介してもらうということもできるそうです。 永代使用権の承継の範囲はどうなのかを知る必要があるそうです。 親子しかダメというところもあるそうです。 けれど結婚した娘の夫に継いでもらいたいという人もいますし、孫に継いで欲しいという人もいるかと思います。 また弟についで欲しいという人もいるかもしれません。 継いで欲しい人が実際に継いでくれるかどうかの確認も必要ですし、墓地がどこまでの範囲で継承者を認めているかを調べる必要があるようです。 不動産を契約するのと同じように、契約書を注意深く読む必要があるようです。 墓石の形はいろいろありますが、墓地によっては形が決められているところもあるようです。 民間の墓地の中には、好きな形の墓石にすることができるところもあるそうです。 競馬が好きな人は馬をモチーフにしたり、帽子が好きだったら帽子の形の墓石など、個人の好みを反映させることもできると思います。 芸能人のお墓のように派手なものだと、お墓参りするファンも楽しそうですね。 墓石の種類も選ぶことができるそうです。 庵治石や大島石、御影石と石にもいろいろな種類があるようです。 霊園などの見学会の時に墓石の形も見ておくといいと思います。 予算によって変わってくるかと思いますが、納得のいくものにしたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です