墓地選びのチェックポイント

公営墓地や民営墓地では宗教や宗派を問わないというところもあるそうです。 仏教、神道、キリスト教、無宗教と信仰している宗教が家族の中で違う場合もあるかと思います。 宗派不問という寺院墓地がありますが、墓地を購入後も宗派を問わないという場合と、墓地を購入したらその寺院の宗派に属さなければならないという場合もあるようです。 購入後にその寺院の宗派に属する場合は、その寺の宗派に改宗し戒名もつけ直すということになるようです。 経営・管理をしている事業者の経営状態を調べるのは大切なことだそうです。 許可番号なども必ずチェックするようにしたほうがよいそうです。 肝心なのはアクセスだと思います。 自宅からの距離はもちろんですが、車の運転がいつまでもできるとは限らないということで、駅からの交通手段も考えた方が良いと思います。 都心だと駅から歩くことができたり、大きな霊園だとシャトルバスが出ている場合もあるようです。 郊外になると、高速道路のインターからのアクセスが便利というように車を利用することが前提の場所もあるようです。 景色がいくらよくても、墓参りに行くのが大変な距離にあったら何にもならないと思います。 墓地に行ったときに、自分好みの墓石を立てることができるかどうかもチェックしたほうがいいようです。 デザインなんかも凝ったものを立てられるところと、形も大きさも決められている墓地もあるからです。 墓地と契約したら「契約後、○年以内に墓石を立てること」という規定がある場合も多いようです。期限内に墓石を立てないと権利を失うこともあるそうなので、気をつけた方がいいと思います。 管理料を滞納すると使用権を失うそうです。 墓地を決める前に色々な規定を確認するようにしてください。