お墓参りは供養と同じ

定期的にお墓参りをするのも立派な供養になるそうです。 お墓参りをするときは、墓地の管理者が決めたルールを守ってやらなければならないそうです。 お墓参りに行くのは、故人をしのぶために行くこともありますし、故人と話すために行くときもあると思います。 お墓のお婆ちゃんに悩みを打ち明けて落ち着くという人もいます。 またお墓参りで運気アップということもあるそうです。 信心深くなくてもお墓参りに行くと気分が落ち着いたりします。 一方で肝試しなんかに使われて困っている霊園もあるそうです。 有名な心霊スポットという話をよく聞きますが、お墓に入っているということは供養が住んでいるんで幽霊になるのは違うかなと思います。 でも幽霊もいろいろと都合があるので一概には決めることはできないのかもしれません。 お墓参りをするとき、故人が好きだった果物やお菓子を持っていったり、お花を持っていったりします。 霊園によっては、食べ物はすべて持って帰るというルールがあったり、お花も飾ったままではなく持って帰るように言われるところもあります。 お線香も火を消しておくという場所もあるようです。 一方で、お花やお供え物を置いたままでも、管理人が掃除をしてくれる墓地もあるようです。 境内墓地の場合は、住職への挨拶も忘れずにした方がいいと思います。 説法などお話をしてくれるかもしれません。 今はお寺との関係も薄くなっているというので、そういう意味でもお寺と親しむのもいいかと思います。 墓地を買うときには、お供えしたお花がキレイに片付けられているところがいいという話もあります。 掃除もきちんとしてあって、墓地自体が清冽な空気に満ちていると嬉しいものがあります。 管理が行き届いているとご先祖さまも喜びそうですね。