お墓を継ぐ人

お墓を継ぐ人のことを祭祀承継者というそうです。 祭祀承継者というのは祭祀財産を継ぐ人のことです。 お墓、仏壇、仏具、神棚などといったものを祭祀財産というそうです。 祭祀財産というのは、一般の財産と分けて考えるそうです。 先祖の祭祀を主宰する立場の人が単独で受け継ぐことになるそうです。 この祭祀財産は相続税の対象にはならないそうです。 祭祀承継者となったら、お墓を守って供養していくということになると思います。 祭祀承継者は、家などと一緒に長男が継ぐというような慣例があったと思います。 今も長男や配偶者が祭祀承継者になる場合が多いと思いますが、他の親族もなることができるそうです。 親が娘にお墓を守ってほしいといえば、娘が承継者になるそうです。 指定されたら辞退できないそうです。一方で、お墓を承継したら好きに処分をしても良いそうです。 お墓を誰が継ぐかというのが決まっていない場合は、子どもたちで話し合ったり、家庭裁判所で調停や審判をするそうです。 法律上では、誰が継いでもよいそうです。 墓地によっては継承者は血縁者のみということもあるようなので、よく話し合わないといけないようです。 お墓を継ぐということで、管理料などを支払っていかないといけなかったりするのですが、その分を多めに金銭などの相続を受けられるわけではないそうです。 承継者は永代使用権を得ることになりので、墓地の管理人に名義人の変更を届け出なければならないそうです。 ただ菩提寺で境内墓地などだと、檀家にならなければ継げないので、宗教が親子で違っていると継承できないということになるそうです。 届け出には期限を設けている墓地もあるそうなので、気をつけるようにしてください。 名義人の手続きは忘れずにしておきましょう。